たくさん飲む

薬局等で誰でも購入できるのは、薬では無く医薬品や食品に分類される物です。
これらは薬よりも遥かに弱い成分を利用している為に、大きな害を体に齎すことは無いとされています。
ですから、個人が薬局へ行くことで簡単に購入が可能となっているわけなのです。

しかし、バイアグラ等のED治療薬はそうではありません。しっかりと精力剤やサプリとは区別された医療品となっています。
元々、最近までEDに関する治療薬というのはありませんでした。最初の治療薬であるバイアグラが発売されたのも1998年と非常に最近のことなのです。
これは狭心症の治療薬として研究開発が進んでいる時にたまたまED治療に関する効果が見つかったことがきっかけとなり、販売されるようになりました。
ED治療薬としてはバイアグラですが、狭心症の治療薬としてはシルデナフィルという名前で処方されるようになっています。

この治療薬は血管を拡張して血流を強制的に良くする効果を持っています。
ですから、老化現象によって神経系の伝達がうまくいかない為にEDになっている人の症状を改善出来ます。
しかし、この治療薬の効果が体に害を齎す場合もあります。
この治療薬は血圧を上昇させる効果がありますが、効果が薄れると逆に急激かつ大幅な血圧の低下が見られるようになります。
健康な人ならばそれによって頭痛がしたり、少々体がだるくなったりする程度になりますが、心臓や血管に問題を抱えている人はそれだけで済まない場合があります。

まず、心臓に問題を抱えている人はこの副作用、もしくは血管拡張作用によって急に血液が流れるのが原因で心筋梗塞や狭心発作を起こすことがあります。
更に、その安定剤の中にはバイアグラの成分と対象が悪いニトログリセリン系の薬が含まれていることがあり、何の知識や連絡も無く病院で投与されるとそのまま死亡することになります。
血管に問題を抱えている場合ならば、血管が破裂してしまうことがあります。
脳で破裂すれば脳内出血や脳梗塞になります。

血液の状態が良く無いという症状を持っている人の場合、急に血流を良くすることによって血栓ができる恐れがあります。
脳で詰まれば脳梗塞になりますし、心臓で詰まれば心筋梗塞になってしまいます。
このような理由から、抱えている病気によっては治療薬を利用することは出来ません。
また、精力剤にもバイアグラ等と同様の成分が微量ながら含まれていることがありますから、薬局で購入できるのなら大丈夫だろうと考えて利用するのも危険です。

錠剤

男性のED症状は完全に反応しない物以外もカウントされるようになっています。
今日本で定義されているEDの基準では、性行為の70%以上をやり遂げられなければEDと判断されることになっています。
更に、最中に反応が鈍くなる中折れの症状もEDにカウントされてしまいます。
これは生命に関わるような症状ではありませんが、男性としての自信を失わせてしまうような問題であり、治療に通ってくる人は少なくありません。

陰茎の勃起には血流や血管等が大きな鍵となっています。神経に正しく命令が届くと心拍数が上がり、血管が拡張して血液が陰茎海綿体に流れ込むことになっています。
それによって男性は勃起状態となるようなしくみになっています。
しかし、EDになると何らかの原因で血流が悪くなり、必要な分だけ血液が流れ込まなくなったり、必要な分の血液が途中で供給されなくなることが原因で起こります。
加齢による血流の悪化、心臓の老化のように広く原因がある場合もありますが、中には糖尿病によって血液がドロドロになっていることが原因である場合もあります。

心臓に病気を抱えている人がEDになるしくみは、神経の伝達によって血液を送り出す命令が届いても、心臓のポンプ機能が弱っている為に必要な分の血液が供給されないことが原因です。
動脈硬化症になっている人の場合は、血液が供給されようとしていても血管が拡張しないことが原因で血液が上手く行き届かないのが原因です。
血液量が少ない場合もEDになりますし、披露によって思ったように体が連鎖的に動かない場合もこれらの症状になってしまいます。

今ではバイアグラ等の治療薬がありますから、持病が無い人、バイアグラを利用しても問題が無い人はこれを使って治療することが出来ます。
また、軽度の症状であれば精力剤やサプリを使うことで症状を改善できるようになることもあります。
精力剤やサプリであれば簡単に薬局等で購入することが出来ますが、ED治療薬は専門の治療機関で処方して貰わなければいけないようになっています。
それだけED治療薬を利用すると危険が伴うことがあるのを表しています。
近年ではネットを利用して精力剤やサプリだけでなく治療薬を海外から個人輸入している人がおります。
しかし、自分自身の体質に合っていなければ、最悪死亡こと故が起こることもある強力な薬です。
高齢者の場合は治療薬を服用出来ない人も少なからずおりますから、しっかりと医師と相談して購入を検討する必要があります。

オススメリンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年7月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031